あなたは知っていますか?カラーコーディネーターの難易度

皆さんは、カラーコーディネーターの難易度に対して、 どのようなイメージをお持ちでしょうか?

インターネットで、カラーコーディネーターの難易度を調べて見ると、
それほど難易度の高い試験ではないという意見も沢山あります。

しかし、本当にそうでしょうか?

確かに、カラーコーディネーターは、数多くある難関資格と比べれば、
それほど難易度の高い試験ではありません。
多くの方は、他の資格と比較して、難易度が高くないと判断しています。

しかし、それは一部の難関資格と比べたらの話で、
それで、カラーコーディネーターの難易度を高い、低いと判断する事はできないはずです。

そもそも、カラーコーディネーターの難易度というのは、人それぞれ異なります。
勉強が出来る人とそうでない人では変わりますし、現在の知識量によっても異なります。
要するに、カラーコーディネーターの難易度を高い、低いとひとくくりにして、
判断する事自体間違っているのです。

考えても見て下さい。
カラーコーディネーター検定に不合格になる方はたくさんいます。
現に1級・2級となれば、不合格者の方が圧倒的に多くなります。

そうした不合格者からみれば、カラーコーディネーターは難易度が高いと感じるはずです。
少なくても不合格になっている以上、簡単だと思う人はいません。

いいですか!

カラーコーディネーターの難易度を簡単に判断する事はやめて下さい。

インターネットの情報で高い、低いと簡単に判断してしまえば、
間違った勉強をする恐れもあります。

例えば、本当はあなたにとってカラーコーディネーターは難易度の高い試験にも関わらず、
難易度が低いと判断してしまい、市販されているテキストや問題集を購入し、
何も考えずに勉強をしても何もわからないということにもなります。
その結果、試験に合格できなくて、挫折してしまいます。

重要なのは、あなたにとってカラーコーディネーターの難易度はどうなのかということです。

そこでこのサイトを利用して、本当のカラーコーディネーターの難易度を理解して下さい。
最後まで読み終わっている頃には、
正確にカラーコーディネーターの難易度を 判断できるようになっているはずです。

是非、最後までお付き合い下さい。

私が合格した通信講座

フォーサイト

業界初のハイビジョン講義とフルカラーのテキストを採用。広告宣伝をしない分価格破壊も実現させました。